理想との大きなギャップ

娯楽の一つとして、ビデオゲームはメジャーな存在となりました。ゲームは市民権を得て、カルチャーの一つとして認められています。ゲームを趣味として楽しんでいる人は、世の中に大勢います。
しかしゲーム制作の仕事にあこがれてエンジニアになったものの、理想のイメージと実際の仕事とのギャップに直面する事がよくあります。プレイヤーの頃には想像もしなかった苦労が、ゲーム開発の現場にはあります。ゲームクリエイターというと、優雅でクリエイティブに仕事をこなすイメージがあります。しかし実際には、作業の多くは地味なものです。ゲームデータを作成するため、単純作業を長時間繰り返さなければならない事も多いです。
またゲーム開発で重要であるのが、デバッグ業務です。ゲーム開発中には、多くのバグが発生します。ゲーム作品を出荷できる状態にするため、ゲームエンジニアたちはバグの解消に苦労します。こうしたギャップを乗り越えられず、ゲーム業界を去る技術者もいます。
そこでギャップから強いショックを受けないため、まずは簡単なゲーム制作の仕事から始めてみるのも方法です。ゲーム制作の仕事は、アルバイトスタッフも募集しています。またインターンで経験ができます。まずは非正規の立場でゲーム開発に参加し、実際の開発現場を体験してみると安心です。
ゲームを開発する仕事の大変さを知り、それでもゲームエンジニアとして仕事がしたいと考えるなら、改めてゲーム業界に挑戦できます。